2018年7月の記事一覧

西条市中学生海外派遣団出発

    今日から西条市中学生海外派遣団がニュージーランドへ出発します。

  今朝西条市役所東予総合支所で出発式を行いました。みんな元気にいい顔でバスに乗り込み、出発しました!

  8月9日に帰着します。素晴らしい体験をしてきてくれることと思います!

朝の体力づくり開始

  今日から運動部の生徒を中心に、朝の体力づくりが始まりました。

   校長先生からの挨拶で、県総体でも県のトップレベルで多くの部が活躍してくれましたが、どの種目も走ることが基本です。しっかり体力をつけて、今回の県総体参加者103人を上回り、県新人には150人が参加できるように頑張ってください。とのお話がありました。その言葉に答えて、最初から真剣な雰囲気で頑張って取り組んでいます。

  

西条市PTA連合会親睦球技大会

 本日(7月28日)、晴天に恵まれ、市P連球技大会が開催されました。昨日まで東予東中学校の生徒の皆さんは県総体に出場し、愛媛県内に東東旋風を吹かせました。その勢いをそのままに、保護者の皆さんもハツラツと試合に挑みました。

 西部体育館では混合バレー、丹原運動公園ではソフトボールが行われました。

 

 

社会を明るくする運動作文コンテスト 表彰式

 7月27日。10時より西条中央公民館にて、「社会を明るくする運動作文コンテスト」の表彰式が行われました。これは、すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場で力をあわせ、犯罪や非行のない地域社会を築くための運動です。

 この運動の趣旨を踏まえ、県内の小・中学生が日常生活の中で犯罪や非行に関して考えたことや感じたことについて作文を書きました。本校からは、3年生の日野壱柊くんと黒川耀一朗くんが東予東中学校の代表として表彰を受けました。

 日野くんは「思いやりは国籍を越える」というタイトルで、サッカーの遠征でタイへ行ったときに出会った競技場の清掃員について、黒川くんは「他のために己のために」と題し、地域の高齢者の運動会のボランティアに参加した体験から社会を明るくするために自分に出来ることを綴っていました。

 会場ではお笑い芸人の「鉄拳」さんが過ちを犯した少年が地域の方々に支えられて立ち直っていく様子をパラパラ漫画にした動画も上映されました。

 

 

 

 

男子バレーボール部県総体3日目

  男子バレーボール部、県総体準決勝の試合経過を随時お伝えします。

  勝てば四国大会出場!頑張れ東予東!

1セット目

東予東   対   雄新

          21  対  25

2セット目

東予東  対  雄新

         14  対   25

粘りを見せましたが、一歩及ばず…

選手の皆さん良く頑張ってくれました。

感動をありがとう。

  保護者の皆様、最後まで大きな力になる応援ありがとうございました。