H30東予東中日記

科学の甲子園ジュニア

 科学の甲子園ジュニアに出場する2年生6人が登校し、打合せと実技競技のチーム練習をしました。2年前の実技競技の題目であったロケットの制作です。チームワークよく、楽しそうに作成した後は、職員室前でお披露目をしました。生徒からは「1時間があっという間に過ぎました。」「楽しかった。」という声が聞こえるとともに、先生からは「がんばってね。」という激励の言葉もいただきました。大会は、台風の影響で8月24日(金)から8月31日(金)に変更となりました。

 

全中ソフトテニス、開会式を終えて

開会式では、各ブロックの代表者が揃って返事をする場面がありました。

大きな声で返事をし、改めて全国大会への気持ちを高めることができました。

その後、ホテルに行き、お風呂と夕食を終えて就寝します。

明日も真剣に練習をして、明後日の本番でがんばります。応援よろしくお願いいたします。

全中ソフトテニス、無事会場に到着しました

 

朝、多くの生徒に見送られて出発したソフトテニス部男子の選手は、2時間ほどで試合会場に到着しました。

選手は早速、屋根付きコートで練習しました。風が少し吹いていますが、蒸し暑さがある中、一球一球丁寧に打つことができました。

第49回全国中学校ソフトテニス大会に向けて

 全国大会に出場するソフトテニス部は、西条市での最後の調整を行いました。調整は順調のようで、どの選手も軽快な動きでボールを追っていました。

 選手は、8月21日(火)7:30に学校を出発し、開会式に参加する予定です。試合は、8月23日(木)8:20から広島県立びんご運動公園で行われます。1回戦は、開催地代表の東広島市立向陽中学校と対戦します。キャプテンは、「これまで支えてくださった全ての方々に全力プレーで感謝の気持ちを伝えたいです。」と感謝の言葉を述べるとともに、初戦に向けて闘志を燃やしていました。