H29東予東中学校日記

明日の少年の日記念行事に向けて

明日2月2日(金)に、2年生で少年の日記念行事を行います。

今年度の行事内容は、記念集会と砥部焼の絵付け体験です。

本日6校時に、記念集会のリハーサルを行いました。

記念集会では、一人一人が14歳の決意の言葉を発表します。

先日、国語科の授業で、自分の好きな言葉やこれから大切にしていきたい言葉を色紙に書きました。

その書に込められている自分の思いを、学年のみんなにしっかりと伝えられるように練習しました。

また、少年の日についての生徒発表、水平社博物館の訪問発表、学年合唱も行われる予定です。

 

明日はたくさんの保護者の方々に、生徒たちの一生懸命な姿を見に来ていただければと思っております。

天気が心配されますが、お気をつけてお越しください。

1年生技術の授業の様子(その2)

今日は1年2組と4組が技術の授業を行います。

朝は雪が降るのを眺めながら、元気な生徒は廊下で作業を行っていました。

くぎ接合に取りかかった生徒もおり、何もない状態から形になってきたことで、周りの生徒にもよい刺激になっています。

各クラスの担任の先生からは、毎日の「あゆみ」の日記に、「技術科の授業の内容をたくさん書いてきてくれている。」という、うれしい報告をいただきました。

ということで、その日記の一部を紹介します。

 

 

○ 今日は技術の時間にのこぎりを使いました。はじめてではないけど怖かったです。板をまっすぐに切るのが難しくて、友達にコツを教えてもらいました。そしたら少しはまっすぐ切れるようになりました!うれしかったです!

○ 今日も技術で製作をしました。部品調整が大体終わったので嬉しかったです。次からはくぎを打つ場所を記す作業に入ります。少しずつ完成に近づいていると感じたので頑張りたいです。

○ 今日の授業ではくぎ打ちをしました。次はヤスリがけに入って、終わると2つ目に入るかもしれません。2つ目を作ることがあれば「イス」を作ってみたいです。イスはちょっと難しそうだけど、頑張って作ってみたいです。

 

2月のスタートは雪景色!

今日から2月です。

明け方から降り始めた雪で、学校も雪景色です。

登校時も雪がふり続いていましたが、怪我や事故にあった生徒もいませんでした。

今日は皆既月食、神秘的に赤銅色に染まる月を見ましょう

「今日は皆既月食ですね。」という話を何人かがしてくれました。

そこで、授業で「昨日、月を見た人」と聞くとほとんどの人が手を上げ、

「夕方、東の空に見えました。」「夜は、南の空に見えました。」と話してくれました。

夕方、満月は必ず東の空に見え、三日月は必ず西の空に見えることを学習したので、そのことを自分の目で確かめてくれていることを

とてもうれしく思います。
今日の満月は、3年ぶりの皆既月食で、月が地球のかげにかくれるため赤銅色に見えます。
21時前から欠け始め、22時前には完全に欠けて皆既食となるようです。
その状態が1時間ほど続くので、ぜひ一度神秘的な月を見てほしいと思います。
そして、またこれを機会に天体に興味をもって、夜空を眺めてくれることを願っています。

満月は夕方東の空に三日月は 夕方西の空に

1年生の音楽の時間の様子

今日3時間目に、音楽室からお琴のきれいな音色が響いてきました。

様子を見に行くと、お琴で「さくらさくら」を弾いていました。

みんな上手に演奏できていたのでびっくりしました。

音楽科では、1年生で箏(そう)の演奏をするそうです。

なかなか演奏する機会がない楽器ですが、こうして経験することが日本の伝統音楽に興味をもったり、演奏してみたいという興味に繋がったりすることにもなると感じました。